ハリー・ポッターと謎のプリンス

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」が始まったので、観にいってきた。

見事なぐらいに原作を忘れているなぁ。
だから見ているうちに、「そうそう」って思い出してきたんだよなぁ。

ダンブルドアが死んで、みんなが杖を天に向けるシーンは良かったな。

まぁ面白いといえば面白いかな?
普通っていえばそうなんだけどね。

2時間半だけど、ずいぶんと内容が濃かった気がする。
原作を忘れていても特に問題なかったしね。

最終作は2部構成かぁ。
オチがいま一つだったから、どうにかしてほしいんだけど無理なんだろうな。
あのオチはなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レッドクリフ2

レッドクリフ2が始まったので、早速見てきた。

史実を中心に描いているので、どうしても「三国志演義」のイメージがあるから、ホウ統が出てこないのが残念で仕方がないweep
やっぱり、「連環の計」はホウ統の策が良かったなぁcatface

肝心の赤壁の戦いのシーンは圧巻の一言。
火計の為に船をぶつけるシーンはすごい迫力だったhappy02
撮影が大変だったんだろうなぁ。

小喬役のリン・チーリンはモデル出身なだけに本当にきれいだなぁlovely
戦いを起こした曹操の気持ちも分からなくはないなぁcatface

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やったー、やったー、ヤッターマン

ヤッターマンを見た。

世代的にもハマっていた分、実写版は興味があったので見に行ってきた。

原作のノリをそのままに見事なまでの実写化。
「お約束」を忘れていないのは懐かしくて良かったな。
ところどころにあるギャグなども良かったな。

ストーリー等は、まぁこんなもんかな?って事で。

「ヤッターワン」や「ヤッターキング」のカラーリングがアニメ版と違うのは、しょうがないのかな?

リアルサイズで色々と作っているんだよなぁ。
まぁ良く作ったものだ。

深キョンのドロンジョ様はなかなか良いね。
綺麗で可愛いく、オリジナルとは違った感じだけれど、これはこれでアリかな?

ボヤッキーの生瀬さんは、この上なくはまり役だな。
もうボヤッキーそのものだった。

ちょいエロがある分、お子様向けと言うよりも、30代以上のオリジナルを知っている人向けじゃないのかな?

最後に「予告」があったが、本当にやるのかな?
やるのなら見てもいいかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

K-20 怪人二十面相伝

「K-20 怪人二十面相伝」を見た。

予告を見て面白そうだったので見に行ったら、予想以上に面白かった。

怪人二十面相らしさである、変装やトリックがあり、どんでん返しありと息をつかせぬ展開にはまってしまった。

金城武のカッコよさだけではなく、コメディっぽさも良い感じ。
仲村トオルのキザっぽさも明智小五郎のイメージだよね。

豪勢な出演者の中で気に入ってしまったのが、松たか子だった。
単なる世間知らずのお嬢様かと思ったら、芯の強いお嬢様だった。
その役を見事に演じている。
見ていて惚れてしまった。

しかし怪人二十面相の正体があの人とは…。
びっくりといえばびっくりだが、まぁそうだよなって気もしてくる。

アニメ「二十面相の娘」を見たからなのか、怪人二十面相を「悪役」とは見ることができないなぁ。
やっぱり「正義(?)の盗賊」なんだよなぁ。
世界制覇(?)は似合わないよなぁ。

はやくもDVDが待ち遠しくなっってしまった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レッドクリフ

レッドクリフを見た。

三国志好きとしては見ないわけにはいかない作品ですね。

三国志の中で「赤壁の戦い」をクローズアップしたもので、2部構成の第1部が今回の作品で、赤壁の戦いが始まるまでを描いています。

数いる武将の中でも私の好きな趙雲の長坂でのエピソードを、カッコ良く描いてくれていたりします。

金城武はカッコいいなぁ。
孔明を見事に演じているなぁ。

さて、この話は「三国志演義」を元にしているらしいが、龐統は出てくるのだろうか?
なんか出る気配がないものの、赤壁の戦いの最大の策「連環の計」を周瑜に勧めたというエピソードがある以上、出てくるんだろうなぁ。

第2部は来年の4月公開らしいが、今から楽しみだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛

ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛を見た。

前作同様、面白い!

まだ原作を読んでいないので、変な先入観なしに見ることができる。

主人公はペペンシー兄妹のはずだが、どう見てもカスピアン王子が主人公だよな。
それぐらいカスピアン王子が握っている。
「ナルニアを認める」と言ったカスピアン王子をあっさりと信用してしまうのはどうかと思うが、それをさせてしまうほどの器があったんだろうな。

今回は前回と違い、長男ピーターが独りよがりになってしまうが、それを次男エドマンドがうまくとめたなぁ。

ピーターとミラースの一騎打ちは如何にもな展開。
お約束の裏切りもあったしね。

最後においしいところをもっていくのは、やっぱりアスランと次女ルーシィだったな。

年のせいか、涙腺が緩くなってきたなぁ。
何度も泣きそうになってしまった。

さて気は早いが、「第3章 朝びらき丸 東の海へ」はいつ公開するのかな?
今から楽しみだ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

不死鳥の騎士団

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団を見てきた。
毎回楽しみにしている作品だ。

シリーズの中でも大変好きな話だけに期待して見に行ってきた。

うーん、原作を知らずにこれだけを見れば面白いのだろうけれど、原作を知っていると…。

原作の時にあった、「ドキドキ」や「ワクワク」もなく淡々と話が進んでいた。
一番の目玉とも言うべき、最後の対決のシーンがあっさりと終わった。
映像はすごいのに、なんか盛り上がりに欠けるなぁ。

ハリーが原作ほど「嫌なやつ」ではなくなっていた。
アンブリッジはいい感じで「嫌なやつ」になっていて安心した。
そしてルーニーが予想以上に「不思議ちゃん」でうれしかった!

それにしても今回は出番の少ない人や、セリフのない人が多いなぁ。
でも一番の問題は「騎士団の出番が少ない」ことか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

300

300(スリーハンドレッド)を観た。

とにかく映像が凄い迫力だ!
暗い中での微妙なライティングに度肝を抜かれてしまった。

実際にあったといわれるスパルタの物語だが、スパルタ軍の修練の高さをしっかりと表現されている。
「攻」と「守」がここまで再現されているのは珍しいんじゃないかな?

カメラワークや、時折混ぜてあるスローの演出がいい味を出している。

信じることのために戦う男たちは、やはりカッコいいものだ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

エラゴンって人の名前なんだ。

「エラゴン 遺志を継ぐ者」を見た。

速い展開に「どうよ?」って所や、「昼に飛んだらバレバレだろ?」とか、そういう突っ込みはヤボって事で。

冒頭の王女が卵を盗んで逃亡しているが、そこまでの経緯がわからない。
盗まれたって事はトラップは無いのか?
あぁ、やっぱり突っ込みを入れてしまった…。

王女アーリア役のシエンナ・ギロリーが綺麗!
他に出ている作品を見たくなった。

この作品は3部作だったかな?
早く次が見たいなぁ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナルニアへ行こう!

「ナルニア国物語 第一章:ライオンと魔女」を見てきた。

原作の存在自体は知っていたけれど、残念なことに呼んだことが無い。
だからか変な先入観無しに楽しむことが出来た。
原作を知っていると、あら捜しをしてしまう所だからね。

主人公達はお世辞にも「美男美女」とは言えないけれど、「どこにでも居そうな兄弟姉妹」ってのが良い!。
弟の裏切りにも関わらず許してしまう「家族愛」には涙が出そうだ!

戦闘シーンは圧巻だ!
ロード・オブ・ザ・リングのスタッフが関わっているらしいが、相変わらずすごい!
実写とCGの合成がすばらしく、現実の世界かと錯覚してしまう!

ストーリーも最高!
善対悪のよくある図式で、「最後に正義は勝つ」の王道ではあるが、そこにたどり着くまでのストーリーが良かった。
普通の少年少女がいろいろな出会いによって成長していく、王道ではあるものの感動できた。

さて、第2章はいつやるのかな?

その前に原作を読もうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧